稲葉山城のなんでもブログ

自分の経験や体験などを書いたりします。面白いと思った事も書いたりします

戦国時代の日本は世界最強だった説 陸限定だけど

 

f:id:A-BOUT:20170927202415j:plain

はーいどうも

歴史が好きなので色んな歴史系の記事などを

読んだりしてるんですが

戦国時代の日本は世界最強説があります。

陸の戦い限定で 海では弱いので

 

 

 

火縄銃は世界1の保有量?

 

 

ソースはないけど

火縄銃の保有台数が

戦国時代末期の日本にあった鉄砲は50万丁

と言われてます。

 

この数は世界1とネットで言われていて

世界1位でなくても世界トップクラスの

保有数だったと言われます。

 

アジアでは日本だけ火縄銃を作れるのは?

日本以外のアジアでは

火縄銃は作るのではなくて

買うものだったので

作る技術がなかったんので

 

日本は種子島に漂流した

ポルトガル人から

2丁を買ってから

数年ほどで全国で火縄銃が

普及するぐらいコピー能力に

優れていた

 

男全員が戦争経験者

さらに応仁の乱から始まった

戦国時代が100年続いたので

兵士の戦争の経験は豊富で

日本の当時の兵士は大半が

 

半農武士だったので

農業しながら武士もするので

ほとんどの国民が戦争経験者で

あったのも大きいです。

 

兵士の動員数が凄い

スポンサードリンク

 

戦国時代に関ケ原で20万人動員して

文禄・慶長の役で158,700人を

動員できるほどの兵力があり

 

外国で10万人動員できる国は

明(中国) オスマントルコ

スペインぐらいしかなかった

そうだ

 

「戦争の世界史」(W.マクニール)によれば
1630年代のヨーロッパ各国の総動員数は、
スペイン:30万 フランス:15万 
オランダ:5万 スウェーデン:4万5千

 ロシア3万5千 

 

オランダ独立戦争
三十年戦争の兵力を見ても、

独国の純戦闘兵力が2万を超える戦役は
ほとんど見られません。

 

当時中国人もヨーロッパ人も

日本が世界最強だという

事実を認めている


ちなみに世界最強だったあのスペインでさえ


「中国は征服可能だが日本だけは

武力侵略は不可能だ」という書簡を

国王へ送っている

 

色んな国が日本を恐れていた


「単刀法選」 程宗猷 1621年
「日本剣術は神秘的だ。

左右への跳躍が凄まじく誰にも予測できない。
そのため長技(槍)を使っても毎回刀に負けてしまう」

 

「広東新語・語器」 屈大均(1630~95)
「日本人が全力で動く時風のように漂って動く。

常に寡兵で陣に入って来て、

大勢の兵士でも抵抗できない。


その刀の使い方は、長い方で構え守り、

短い方で止めを刺す。

しゃがんでいるかの如く低く移動し、
決して退かない。

相手が何人いようと対応する、

島の中の絶技である」

 

「大君の都」 Rutherford Alcock 1863年
「彼ら(サムライ)は、

相当に熟達した刀の使い手である。

小さい方の刀を使うときは、

二度突く必要は無い。


たったの一突きで相手に致命傷を与える。

大きいほうの刀を使うと、

ただの一振りで相手の四肢を切り捨ててしまう」

 

実際に戦ってみないと

日本が最強だったかは

永遠に分からないですけど

ロマンがあるなって事で

記事にしました

 

ばいばいきーん

スポンサードリンク

 

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村